女性の薄毛は生活習慣を見直すことから・・・

 

抜け毛や薄毛などの髪の悩みは男性が圧倒的に多いと思われがちですが、男女関係なく、女性も大勢いらっしゃいます。

特に、近年は、髪の悩みを抱える若い女性が急増しているようです。

その原因を考えてみると、現代の女性は社会進出が目覚ましく、時間に追われ、余裕のない生活習慣を送っている方が多くいらっしゃいます。

その結果、食事が不規則になって、睡眠不足が続き、仕事や人間関係のストレスが溜まるという毎日で、このような不規則で乱れた生活習慣が、女性の抜け毛、薄毛を引き起こす最も大きな要因と言われています。

日本国内で、抜け毛、薄毛で悩む男性は、1000万人以上と言われていますが、そのほとんどがAGAと呼ばれる男性型脱毛症です。

この男性型脱毛症は男性ホルモンのジヒドロテストステロンが、毛母細胞の増殖を抑えて髪の成長を止めてしまうことが原因で起こり、遺伝的な要因が強いとされています。

一方、抜け毛、薄毛で悩む女性は、国内で600万人以上とも言われ、その原因は毎日の生活習慣の中にあるようです。

女性も40歳代後半になり閉経を迎える更年期に入ると、女性ホルモンが減少して男性ホルモンが相対的に優位に働くので、男性型脱毛症と同じような症状が表れることがありますが、基本的に、女性の脱毛症は栄養が偏った食事、夜更かしを続けて慢性的な寝不足、運動不足、ストレスなどが影響してホルモンバランスが崩れたり、血行が悪くなることで発症します。

また、間違ったヘアケアなどで頭皮環境を悪化させたり、不衛生な状態から毛穴を塞いだりすることなども要因として挙げられます。

朝目覚めた時に枕に付着した多量の抜け毛、シャンプー後の排水溝に溜まった抜け毛、ブラッシングの後にブラシに付いた多量の抜け毛などを見た時に、育毛剤を試したり、シャンプーを変えたり、頭皮マッサージをしたりと、さまざまな薄毛対策をしていると思います。

ですが、女性の場合は、まずは、今までの生活習慣を見直してみることが必要です。

夜更かしは避けて十分な睡眠時間を確保し、栄養バランスを考えた食事を規則正しく摂る、ストレスを溜めないように休日は趣味や楽しいことを見つける、積極的に運動して体を動かすようにするなどを頭に入れて、規則正しい生活習慣に改善することが大切です。

ちなみに、女性の脱毛症のタイプとしては、最も一般的な「びまん性脱毛症」、出産後に多量の抜け毛が発生する「分娩後脱毛症」、ポニーテールなどで髪を強く引っ張ることで起きる「牽引性脱毛症」、シャンプーのし過ぎによる皮脂の取り過ぎが原因で起こる「ひこう性脱毛症」などがあります。

 

 

間違ったスキンケアが乾燥肌を招く!

 

人の肌は薄い1枚の膜だけに感じられますが、一番上の肌の表面に位置する「表皮」、その下に「真皮」「皮下組織」という順に3つの層からできています。

そして、表皮の一番上の角質層には細胞間脂質と言われるセラミドなどが存在し、その下の真皮には肌の弾力性を保つ働きをするコラーゲンが存在しています。

また、角質層の中には水分の蒸発を防いで乾燥から肌を守ったり、紫外線やほこりなどの外部からの異物が入り込まないようにブロックしているバリヤ機能が働いています。

バリヤ機能は死んだ角質細胞がレンガ状に約20層積み重なり、その隙間を細胞間脂質のセラミドが埋めて強固な壁を作っています。

この強固な壁が水分の蒸発を防ぎ、外部からの異物の浸入も防いでいるわけです。

しかし、クレンジングで肌を強く擦ったり、洗顔時に硬いタオルでゴシゴシと強く擦ったりする間違ったスキンケアなどをしてしまうと、角質層にダメージを与えてバリヤ機能が破壊されてしまいます。

すると、肌内部の水分を維持できなくなって乾燥状態に陥り、外部からの異物や刺激を受けやすくなります。

乾燥肌は肌荒れやニキビ、くすみなどのトラブルを招き、見た目のイメージも5~10歳くらい高く見られて老化を促進することになります。

そして、異物が浸入しやすくなり、刺激も受けやすくなることで、常に肌は敏感になって髪の毛や衣類が触れるだけで赤くなったりし、また、化粧水をつけるとしみたりしてしまいます。

これが敏感肌です。

こうした乾燥肌、敏感肌を改善するスキンケアとしては、しっかりと潤いを与えて保湿することですが、洗顔後に化粧水をつけるだけでは保湿にはなりません。

バリヤ機能を正常に働かせるためにセラミドなどの保湿成分が必要です。

セラミド配合と表示されている美容液を選んで保湿ケアすればいいのですが、中には、非常に紛らわしいものが多く存在しています。

セラミドは脂質なので基本的に化粧水と言われるものには高濃度に配合することはできません。

さらに、原料としてはかなり高価なので、あまり安価な美容液は疑ったほうがいいかもしれません。

できれば、乳化タイプで価格も1本3000円以上を目安に選びましょう。

そして、肌にダメージを与えない正しいスキンケアを身につけることも必要です。