育毛剤を女性が使うときは症状に応じて選ぶ

 

加齢やストレス、睡眠不足などにより、女性の髪の毛は細くなったり、抜けやすくなってしまうので、太くて抜けにくい、健康的な髪の毛に戻したいときは育毛剤を使ってケアするようにしましょう。

育毛剤を女性が使うときのポイントは、症状に応じた成分を配合したものを選ぶことです。

頭皮が乾燥すると皮脂も減少するので、バリア機能が弱まり、外部からの刺激に弱くなってしまいます。

紫外線や花粉、シャンプーの成分、ブラッシングなど、あらゆる刺激が頭皮の負担になるので、かゆみを感じるようになります。

硬くなった角質が頭皮から剥がれ落ちるのがフケですが、頭皮の乾燥により、水分が足りなくなると発生しやすくなるので、育毛剤でケアするときは保湿効果の高いものを選びましょう。

潤いが不足すると、頭皮は硬くなり、血行も悪くなるため、栄養や酸素が十分に毛根まで届かなくなるので、ヘアサイクルが乱れて、成長期の段階で抜けやすくなります。

これを育毛剤で防ぎたいなら、ヒアルロン酸やヒオウギ抽出液、イチョウ葉エキス、アロエエキス、ベニバナエキス等の保湿成分を配合したものを使わなければなりません。

フケやかゆみを対策したいときは、ペパーミントなどの抗菌作用や、ボダイジュなどの抗酸化作用のある成分を配合したものを使いましょう。

ヘアサイクルを正常に整えたいときは、血行促進や新陳代謝を活性化する働きを持つ、緑茶リキッドや紅茶リキッド、シャクヤクエキス、トウガラシエキスなどを配合したものを選んでください。

抜け毛の量が急に増えたときは、男性ホルモンの分泌が増加した可能性があるので、ホルモンバランスを調整する成分のオウゴンリキッドを配合したものを利用すると良いでしょう。

女性ホルモンを調整したいときは、ヨモギエキスやオトギリソウエキス、カンゾウエキスなどの成分が効果があります。

薄毛を対策したいときは、女性用育毛剤の成分をよく調べてから購入することが大切です。

花蘭咲の通販

自分に合ったものを毎日使えば、少しずつ頭皮環境が整っていくので、抜け毛が減り、健康的な髪の毛が生えて来るようになります。

 

 

女性の薄毛は生活習慣を見直すことから・・・

 

抜け毛や薄毛などの髪の悩みは男性が圧倒的に多いと思われがちですが、男女関係なく、女性も大勢いらっしゃいます。

特に、近年は、髪の悩みを抱える若い女性が急増しているようです。

その原因を考えてみると、現代の女性は社会進出が目覚ましく、時間に追われ、余裕のない生活習慣を送っている方が多くいらっしゃいます。

その結果、食事が不規則になって、睡眠不足が続き、仕事や人間関係のストレスが溜まるという毎日で、このような不規則で乱れた生活習慣が、女性の抜け毛、薄毛を引き起こす最も大きな要因と言われています。

日本国内で、抜け毛、薄毛で悩む男性は、1000万人以上と言われていますが、そのほとんどがAGAと呼ばれる男性型脱毛症です。

この男性型脱毛症は男性ホルモンのジヒドロテストステロンが、毛母細胞の増殖を抑えて髪の成長を止めてしまうことが原因で起こり、遺伝的な要因が強いとされています。

一方、抜け毛、薄毛で悩む女性は、国内で600万人以上とも言われ、その原因は毎日の生活習慣の中にあるようです。

女性も40歳代後半になり閉経を迎える更年期に入ると、女性ホルモンが減少して男性ホルモンが相対的に優位に働くので、男性型脱毛症と同じような症状が表れることがありますが、基本的に、女性の脱毛症は栄養が偏った食事、夜更かしを続けて慢性的な寝不足、運動不足、ストレスなどが影響してホルモンバランスが崩れたり、血行が悪くなることで発症します。

また、間違ったヘアケアなどで頭皮環境を悪化させたり、不衛生な状態から毛穴を塞いだりすることなども要因として挙げられます。

朝目覚めた時に枕に付着した多量の抜け毛、シャンプー後の排水溝に溜まった抜け毛、ブラッシングの後にブラシに付いた多量の抜け毛などを見た時に、育毛剤を試したり、シャンプーを変えたり、頭皮マッサージをしたりと、さまざまな薄毛対策をしていると思います。

ですが、女性の場合は、まずは、今までの生活習慣を見直してみることが必要です。

夜更かしは避けて十分な睡眠時間を確保し、栄養バランスを考えた食事を規則正しく摂る、ストレスを溜めないように休日は趣味や楽しいことを見つける、積極的に運動して体を動かすようにするなどを頭に入れて、規則正しい生活習慣に改善することが大切です。

ちなみに、女性の脱毛症のタイプとしては、最も一般的な「びまん性脱毛症」、出産後に多量の抜け毛が発生する「分娩後脱毛症」、ポニーテールなどで髪を強く引っ張ることで起きる「牽引性脱毛症」、シャンプーのし過ぎによる皮脂の取り過ぎが原因で起こる「ひこう性脱毛症」などがあります。

 

 

間違ったスキンケアが乾燥肌を招く!

 

人の肌は薄い1枚の膜だけに感じられますが、一番上の肌の表面に位置する「表皮」、その下に「真皮」「皮下組織」という順に3つの層からできています。

そして、表皮の一番上の角質層には細胞間脂質と言われるセラミドなどが存在し、その下の真皮には肌の弾力性を保つ働きをするコラーゲンが存在しています。

また、角質層の中には水分の蒸発を防いで乾燥から肌を守ったり、紫外線やほこりなどの外部からの異物が入り込まないようにブロックしているバリヤ機能が働いています。

バリヤ機能は死んだ角質細胞がレンガ状に約20層積み重なり、その隙間を細胞間脂質のセラミドが埋めて強固な壁を作っています。

この強固な壁が水分の蒸発を防ぎ、外部からの異物の浸入も防いでいるわけです。

しかし、クレンジングで肌を強く擦ったり、洗顔時に硬いタオルでゴシゴシと強く擦ったりする間違ったスキンケアなどをしてしまうと、角質層にダメージを与えてバリヤ機能が破壊されてしまいます。

すると、肌内部の水分を維持できなくなって乾燥状態に陥り、外部からの異物や刺激を受けやすくなります。

乾燥肌は肌荒れやニキビ、くすみなどのトラブルを招き、見た目のイメージも5~10歳くらい高く見られて老化を促進することになります。

そして、異物が浸入しやすくなり、刺激も受けやすくなることで、常に肌は敏感になって髪の毛や衣類が触れるだけで赤くなったりし、また、化粧水をつけるとしみたりしてしまいます。

これが敏感肌です。

こうした乾燥肌、敏感肌を改善するスキンケアとしては、しっかりと潤いを与えて保湿することですが、洗顔後に化粧水をつけるだけでは保湿にはなりません。

バリヤ機能を正常に働かせるためにセラミドなどの保湿成分が必要です。

セラミド配合と表示されている美容液を選んで保湿ケアすればいいのですが、中には、非常に紛らわしいものが多く存在しています。

セラミドは脂質なので基本的に化粧水と言われるものには高濃度に配合することはできません。

さらに、原料としてはかなり高価なので、あまり安価な美容液は疑ったほうがいいかもしれません。

できれば、乳化タイプで価格も1本3000円以上を目安に選びましょう。

そして、肌にダメージを与えない正しいスキンケアを身につけることも必要です。

 

 

 

基礎代謝量を高めて楽なダイエットを!

 

どうしてもダイエットを始めようとした時に、朝食や昼食を抜いたり、炭水化物や脂肪分を控えるなど食事制限して痩せようと考える人が多いようです。

しかし、ただ体重を落としたいがために栄養バランスを無視した無理な食事制限をしても、なかなか思うように痩せることはできませんし、逆に体に悪影響を与えることになってしまいます。

人の体は普段の食事から健康を維持するために必要な栄養素を摂取していますが、無理な食事制限をして栄養が偏ると体内で脂肪燃焼するエネルギーもなくなってしまい、さらに、代謝機能も低下するので、肌荒れができたり、髪が薄くなるなどして老化を促進することになり、最悪は体調を崩して病気にかかってしまいます。

健康的で無理なく確実に痩せるには、まずは、基礎代謝量を高めることが必要です。

確かに、ダイエットの王道とまで言われているウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は体脂肪を燃焼する働きがあり、ダイエットには効果的ですが、その燃焼量はほんの僅かで時間をかける割には効率が良くありません。

基礎代謝とは、人が生命を維持していくうえで最低限必要なエネルギー代謝のことで、心臓や内臓を働かせたり、呼吸をしたり、体温を維持するなどに使われ、そして、何もしないでじっとしていたり、寝ている時でも常に消費されているというダイエットにはとても都合の良いエネルギー代謝になります。

また、この基礎代謝は1日の総消費エネルギーの約70%も占めているので、基礎代謝量を高めれば1日あたりの総消費量が増えて、特に運動などをしなくても自然に高い消費量を保てるというわけです。

ダイエットを単純に考えると、1日あたりの総消費量が摂取量を上回れば痩せることができます。

こうしたことから基礎代謝量が高まることは、1日あたりの総消費量がアップしてダイエットが楽に行える痩せやすい体になるということです。

しかし、無理な食事制限だけで痩せようと考えると、本来、減らさなければならない体脂肪より、筋肉のほうを多く減らすことになってしまいます。

筋肉は体の中で最も多く基礎代謝が消費される器官なので、無理な食事制限で体重を減らしても筋肉量が減ることになり、その結果、基礎代謝量が低下して太りやすい体になり、当然、リバウンドもしやすくなります。

もちろん食べ過ぎの食事を続けて太ってしまった人は、適正な食事量に戻してしっかりと食事管理しなければなりませんが、食事制限だけで痩せようとする考えは捨てて、まずは、ダイエットに必要な基礎代謝量を高めることを考えましょう。

そのためには筋力トレーニングなどの無酸素運動が重要になります。

 

 

睡眠と食事はニキビと深い関係にある!

 

10歳代にできる思春期ニキビは「青春のシンボル」とまで言われており、当たり前のように多くの若者が経験していますが、20歳を過ぎて成人してからできる大人ニキビも大勢の人が悩んでいます。

そんな大人ニキビを改善するために高価なニキビ専用化粧品を購入して人一倍スキンケアに気を使ったり、美容クリニックで診断してもらったりと女性にとっては大きな問題になっています。

一般的に、ニキビができる原因は皮脂分泌が多いとか、間違ったスキンケアから角質が厚くなって毛穴を塞ぐとか、ストレスが影響してホルモンバランスを乱すなど、それに、紫外線、酸化、運動不足、甘いお菓子など、さまざまな要因があって実際のところ、まだ本当に分かっていない部分がたくさんあります。

しかし、最も大きな原因として挙げられるのが睡眠と栄養バランスの良い食事です。

肌に良い食事というと野菜を思い浮かべる人は多いようですが、それだけに偏らずに肉や魚からしっかりタンパク質を摂るなど栄養バランスを考える必要があります。

ただし、できるだけ甘いものと脂っこいものは控えて、野菜を食べる時は冷えた生野菜のサラダより、ビタミン豊富な緑黄色野菜を温めて食べるようにしましょう。

そして、食事より重要とされているのが睡眠です。

毎晩、夜更かしして寝不足の状態が続くと免疫力が低下して、そんな状態が数カ月続けばホルモンバランスが崩れてニキビがでやすくなり、できたニキビは悪化しやすくなってしまいます。

また、ニキビに限らず、全ての肌トラブルの原因となる大問題になります。

実際に、2~3日、インスタント食品だけ食べ続けても肌に何らかの不調は表れませんが、睡眠不足が2~3日続くだけで、肌が荒れるなどの経験をしたことがある女性は多いのではないでしょうか。

肌のためには毎日最低でも6時間は睡眠の時間を確保するようにしましょう。

そして、寝始めの約3時間は美肌を作る成長ホルモンが多量に分泌されますので、その時間帯に熟睡できるようにベットに入る前の準備と環境を整えることが大切になります。

また、夜10時から深夜2時の間は肌のゴールデンタイムと呼ばれている最も肌のために適した時間帯なので、その時間帯に熟睡できるように心がけましょう。

このように睡眠と食事は肌と、とても深い関係にあります。

洗顔や保湿などに気を使ったスキンケアも大切ですが、まずは、十分な睡眠を取り、栄養バランスの良い食事を摂るなど、規則正しい生活を送るようにしましょう。

 

 

栄養バランスの良い食事を摂って健康的な髪を育てる!

 

昔から「昆布などの海藻類は髪にいい・・・」と言われていますが、イキイキとした健康的で美しい髪を育てるには、栄養バランスのよい食事を規則正しく摂ることが大切です。

特に、ダイエット中の人は、栄養が偏ったり、不足しがちになるので注意が必要です。

髪を育てるには、まず、タンパク質をたっぷり摂る必要があります。

髪の毛はタンパク質を中心にできているので、健康的な髪を作るうえで必要不可欠というわけです。

タンパク質がたくさん含まれている大豆は、髪を育てるのにオススメの食材で、血行をよくするリノール酸やビタミンEなども含まれています。

また、髪を育てるには、多くのビタミンとミネラルも大切です。

ビタミンは血行を促進し、ミネラルは頭皮や髪を健やかに保ってくれます。

髪の毛は、体にある栄養素から作られるので、日頃から栄養バランスを良くして健康な体を構築していかなければなりません。

いくら効果的な育毛剤を使用して毛根の奥で髪を製造する働きをする毛母細胞や毛乳頭を活性化しても、髪を作るために必要な栄養素が不足していては何の意味もありません。

忙しくて栄養バランスのよい食事を摂れない人は、天然のサプリメントなどで補助すると良いでしょう。

このように、健康的な髪を生み出すためには、まずは、栄養バランスの良い食事を摂って健康的な体を作ることが必要です。

そのため、食生活だけでなく、毎日、十分な睡眠を取り、血行を良くするために適度な運動を行うなど、今までの生活習慣を見直してみましょう。

そして、毎日洗髪に使用しているシャンプー剤にも注意が必要です。

現在は、大量生産された安価で洗浄力の強いシャンプー剤が数多く販売されていますが、これらのシャンプーに含まれる強い洗浄剤は、頭皮を強く刺激してダメージを与える恐れがあります。

頭皮がダメージを受けて頭皮環境が悪化すると、大量の抜け毛を発生させる原因となってしまいます。

もし、フケが多かったり、かゆみが出たという症状があれば、頭皮に負担がかかっているのかも知れません。

洗浄力の弱いアミノ酸系のシャンプーやノンシリコン、無添加と表示されたシャンプー剤が頭皮に優しいのでオススメです。