基礎代謝量を高めて楽なダイエットを!

 

どうしてもダイエットを始めようとした時に、朝食や昼食を抜いたり、炭水化物や脂肪分を控えるなど食事制限して痩せようと考える人が多いようです。

しかし、ただ体重を落としたいがために栄養バランスを無視した無理な食事制限をしても、なかなか思うように痩せることはできませんし、逆に体に悪影響を与えることになってしまいます。

人の体は普段の食事から健康を維持するために必要な栄養素を摂取していますが、無理な食事制限をして栄養が偏ると体内で脂肪燃焼するエネルギーもなくなってしまい、さらに、代謝機能も低下するので、肌荒れができたり、髪が薄くなるなどして老化を促進することになり、最悪は体調を崩して病気にかかってしまいます。

健康的で無理なく確実に痩せるには、まずは、基礎代謝量を高めることが必要です。

確かに、ダイエットの王道とまで言われているウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は体脂肪を燃焼する働きがあり、ダイエットには効果的ですが、その燃焼量はほんの僅かで時間をかける割には効率が良くありません。

基礎代謝とは、人が生命を維持していくうえで最低限必要なエネルギー代謝のことで、心臓や内臓を働かせたり、呼吸をしたり、体温を維持するなどに使われ、そして、何もしないでじっとしていたり、寝ている時でも常に消費されているというダイエットにはとても都合の良いエネルギー代謝になります。

また、この基礎代謝は1日の総消費エネルギーの約70%も占めているので、基礎代謝量を高めれば1日あたりの総消費量が増えて、特に運動などをしなくても自然に高い消費量を保てるというわけです。

ダイエットを単純に考えると、1日あたりの総消費量が摂取量を上回れば痩せることができます。

こうしたことから基礎代謝量が高まることは、1日あたりの総消費量がアップしてダイエットが楽に行える痩せやすい体になるということです。

しかし、無理な食事制限だけで痩せようと考えると、本来、減らさなければならない体脂肪より、筋肉のほうを多く減らすことになってしまいます。

筋肉は体の中で最も多く基礎代謝が消費される器官なので、無理な食事制限で体重を減らしても筋肉量が減ることになり、その結果、基礎代謝量が低下して太りやすい体になり、当然、リバウンドもしやすくなります。

もちろん食べ過ぎの食事を続けて太ってしまった人は、適正な食事量に戻してしっかりと食事管理しなければなりませんが、食事制限だけで痩せようとする考えは捨てて、まずは、ダイエットに必要な基礎代謝量を高めることを考えましょう。

そのためには筋力トレーニングなどの無酸素運動が重要になります。